青梅市の車検ならコバック青梅店。東京都青梅市新町9-2203-4。 【WEB受付】24H年中無休対応/代行料0円、見積り0円、代車0円【業界最安値】の店舗数全国NO.1車検専門店

メニュー

閉じる

青梅店ニュース

新年あけましておめでとうございます[2020.01.04]

新年あけましておめでとうございます。本日1/4(土)はイベント営業初日となっており、おかげ様で大変多くのお客様に足を運んでいただき大盛況で無事終えることができました!

明日1/5(日)もイベント営業2日目で既に多くのご予約をいただいておりますが、まだわずかではございますが空きもございます!なのでご予約がまだお済でないお客様は是非お早めにお願い致します!

 

1/6(月)の営業についてですが、13時から18時半までの短縮営業になりますのでご了承ください。

1/8(水)からは一般の営業となりますので2020年も車検のコバック青梅店をよろしくお願い致します。

 

「新春オイル交換キャンペーン!」[2019.12.25]

こんにちは!車検のコバック青梅店です。

年末年始の営業日についてですが、2019年の営業が12/27(金)までとなっております。2020年は1/4(土)から営業再開となります。12/28(土)から1/3(金)まではお休みをいただいておりますのでご了承ください。

 

そして新年からの営業ですが、1/4(土)と1/5(日)は大変お得なイベントを行います!

エンジンオイル交換1ℓ100円、ドアノブキズ取り100円、ヘッドライト黄ばみ取り100円いずれかお好きなものを選んでいただきご利用いただけます。

また、イベントにご来店いただき車検のご予約をしていただいたお客様には4000円の特別割引を適用させていただきます。さらに、お子様向けのお菓子掴み取りや某テーマパークのチケットが当たるガラポン抽選会も無料で行います!当日は混雑が予想されますのでご予約されてからご来店いただけると幸いです。

是非この機会に車検のコバック青梅店をご利用ください!

 

本当にスタッドレスタイヤって必要なの?[2019.12.20]

東京であまり雪も降らないしこのままノーマルタイヤでいいやなんて思っていませんか??雪が降らなくても路面の凍結はおこってしまいます。そこで性能を発揮するのがスタッドレスタイヤです。

 

●スタッドレスタイヤってどうして雪道にいいの?

そもそも、タイヤが冬場に凍った路面で滑りやすくなるのは、路面とタイヤの隙間に水の膜ができるからです。氷が融けてできた水が、氷の上に水の膜をつくります。スタッドレスタイヤはこの水の膜を取り除くことで路面にタイヤを密着させ、滑りにくくなります。

 

●スタッドレスタイヤの寿命ってどれくらい?

適正な環境(直射日光、雨風に当たらない場所)に保管されていたタイヤであれば、2年前のタイヤでも新品のタイヤとほぼ同等の性能を発揮すると言われています。逆に、4年以上前のタイヤだと大きく性能が劣化してしまいます。

スタッドレスタイヤは溝の深さが50%以上磨耗して「プラットホーム」が露出してしまうと冬用タイヤとしては使用することができません。また、スタッドレスタイヤはやわらかさが命です。溝の深さがあってもゴムが硬化してしまっていたら本来の性能を発揮することはできなくなってしまいます。

コバック青梅店ではこれらのタイヤの点検は無料で行っております。また、タイヤの相談だけのご来店でも大丈夫なので是非気軽にお店にお立ち寄りください!

既にスタッドレスタイヤをお持ちの方は冬用タイヤへの付け替えも承っておりますので是非お問い合わせください!冬用タイヤへの付け替え作業も車検と同時にご依頼いただければ工賃は無料となっております。

土日に特にご予約が集中しているので平日でのご予約がおすすめです!1月はまだ多少ですが空きがありますのでご予約の際は是非お早めにおねがいします!!

そもそも車検って何?絶対受けなくちゃいけないの??[2019.12.04]

車検のコバック青梅店では、

東京都 青梅市、羽村市、瑞穂町を中心に車の車検・整備・点検を実施しております!

青梅で車検を実施するお店として、車検制度がどのようなものかを皆様にお伝えできたらと思います!

初めて車検を通すお客様でも安心して車検を受けられるように、スタッフが丁寧にご説明します!

 

【青梅市 羽村市 瑞穂町で車検!】そもそも車検とは?
車検は正式名称を「自動車検査登録制度」を略したものです。

自家用乗用車・軽自動車の場合は新車なら3年に1回、2回目以降ですと2年に1回車検を受ける必要があります。

貨物車は初回は2年に1回ですが、次回からは1年に1回になります。
事業用か自家用でも車検を受けなければいけない年数は変わってきます。

車検は点検しなければいけない項目があります。

それは法定点検56項目です。
部品に不具合や修理が必要な箇所が無いかをチェックします。

 

また、違法改造車は車検を受けることができません。

車検基準に満たない車を目をつぶって車検をしてしまうと、整備工場も稼働停止になります。

 

車検を受けなければ車に乗る事もできませんし、車検を受けずに車に乗ると罰則を受けます。

国が定めた制度になりますので、車検は必ず行わなければいけません。

車検はもちろんお金がかかります!

その際は車検基本料や法定費用が発生します。

また、追加整備が必要な場合は別途修理費用も発生します。

 

定期交換部品とは??
名前の通り、定期的に交換しなければいけない部品です。
自動車は約3万点の部品があります。

ですので、交換しなければいけない部品というのが必ず発生してきます。
部品には金属やゴム製品が多く使われていますし、部品をスムーズに動かすための油脂類も色々あります。

ですから、3万点という部品数がある車にはたくさんの「定期交換部品」があるのです。

代表的な定期交換部品としては・・・

エンジンオイル・・・5000km走行または半年ごと
オイルフィルター・・・1万km走行または半年ごと
オートマチックオイル・・・2万km走行または2年ごと
エアコンフィルター・・・1万km走行または1年ごと
LLC(冷却水)・・・2万km走行または2年ごと
ブレーキオイル・・・2万km走行または2年ごと
バッテリー・・・2万km走行または2年ごと
ワイパーゴム・・・1万km走行または1年ごと

こちらコバック推奨の交換年数になっております。

 

法定費用とは?
法定費用は国に支払うお金の事です。

①自賠責保険料

②重量税

③印紙代

 

この3つです。

自賠責保険料・重量税は軽自動車や小型車など、車両重量によって金額が異なります。

車検料金はこの法定費用と車検料を合わせたものになります。

 

 

車検の検査項目
車検には必ず行う検査項目があります。

法定56項目点検です。

コバックのスーパーセーフティー車検ではその56項目に44項目を加えて100項目点検を実施します。

では、車検に必要な56項目はどのようなものがあるか分かりますか?

一部ご紹介したいと思います。

かじり装置

ハンドルやパワーステアリング等です。

制動装置

主にブレーキ周りです。

ブレーキパッドやディスクなど

走行装置

タイヤ周りです。

衝動装置

動力伝達装置

クラッチやトランスミッションなどです。

電気装置

点火装置やバッテリーなどです。

原動機

燃料装置、冷却装置です。

ファンベルトやエンジンオイル漏れのチェックを行います。

排気ガス関連

などなど、省略して書きましたがたくさんあります!

 

最後に
車検は必ず受けなければいけない、国が定めた制度です。

車を安全で快適に乗るためには日々の点検や定期点検も必要です。

大切な愛車をきれいに保つためには、車検だけではなく、日頃の手入れも必要です。

青梅店では、車の販売に関するご相談、鈑金塗装のご相談も受けております!

何かお困りでしたらぜひご相談下さい!

青梅市に限らず、たくさんのお客様のご来店をお待ちしております。

【スズキ】完成検査に関わるリコールについて[2019.06.28]

スズキ株式会社は、完成検査に関わるリコールについて、下記の通り国土交通省に届け出いたしました。ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

ご多忙のところ大変恐縮ではございますが、お早めに「車検のコバック青梅店」へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

■不具合の内容
完成検査工程における合否判定を任命されていない検査員が行ったため、道路運送車両の保安基準に関する検査が適切に行われていない可能性がある。

■改善の内容
弊社(指定工場)において点検及び自動車検査員による完成検査を行い、道路運送車両の保安基準に関する不具合が無いか確認致します。

http://www.suzuki-recall.jp/search/search.php
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
平成27年5月以降の登録のスズキ車が対象です
車検証の車体番号を入力していただければ確認ができます